廃棄物管理
概況
「誠美材料」では、新しい生産設備を導入し、製品ライフサイクにおける環境配慮を行うことで、効率的な廃棄物管理の実現を図ります。なお、環境の汚染を防止するために、技術力の更なる向上を図るとともに、消耗品や廃棄物の減量化にも取り組んでおり、資源の有効活用等を通じて、環境負荷の低減に寄与することを目的としています。そのため、廃棄物適正管理手順書を策定し、全社一丸となって、自主的・積極的に環境への取組を進めてまいります。
廃棄物分別∙処理
「誠美材料」では、処理や回収∙再利用方法によって、廃棄物の分別を実施しています。2020年委託における事業系廃棄物処理量:3526トン。その中には、回収∙再利用:1102トン、焼却処理:1906トン、埋立処分:518トン、回収率31%にも達したこと。
年度   廢棄物分別∙処理申告重量(トン/年)  
回収 焼却 埋立
2018   900 1,845 584  
2019   954 1,641 579  
2020   1,102 1,906 518  
廃棄物の減量化取組
「誠美材料」では、廃棄物の減量化及び資源の有効活用等をはじめとし、生産工程における技術力の向上、原材料の寿命延長、PP梱包材の使用、パッキングの整備∙回収、切断加工による再利用等、積極的な環境取組を進めていきながら、循環型社会の実現に向けて、ヨウ素リサイクル事業を展開していきます。
全体として、生産技術の向上を図るとともに、資源の有効活用等を通じて、環境配慮型製品の開発、消耗品や廃棄物の減量化に取り組んでおり、環境保全に寄与することを目的としています。
年度   廢棄物分別∙処理申告重量(トン/年)  
事業系有害廃棄物 事業系一般廃棄物
2018   885 2,471  
2019   747 2,427  
2020   882 2,644